車金融(車融資)でお金を借りる

車金融(車融資)でお金を借りる

車金融(車融資)の流れ

車金融(車融資)は、銀行や消費者金融でお金を借りることができない人も、簡単にお金を借りることができる融資です。

車金融(車融資)という名前の通り、自分の車担保にしてお金を借りるものです。

車を担保にしているので、

  • ブラックリストに載っている方
  • 専業主婦の方
  • 無職の方
  • 学生
  • 多重債務のある方

など、通常では銀行や消費者金融の融資審査に通らない方も、お金を借りることができます

車金融(車融資)の利用の流れはとても簡単です。

車金融(車融資)の流れは、来店と出張の二つに大別できますが、自分が行くか業者に来てもらうかの違いだけで、流れそのものは同じです。

  1. 必要書類を持って対象車両で来店
  2. 自動車の査定
  3. 借入金額の決定
  4. 契約内容の説明
  5. 契約書類に署名捺印
  6. 現金の受領

乗ったまま車金融(車融資)の場合は、車に乗って帰れますが、車預かりの場合は、車は預けておかなければなりません。

また、車預かり車金融(車融資)の場合は、車の傷や凹みなどをチェックします。

車金融(車融資)の注意点

車金融(車融資)は、上記の通り非常に簡単な手続きで、金を借りることができます。

しかし、いくつかの注意点があります。

車の査定金額

車金融(車融資)の場合、お金に困っている人の利用が多くなります。

車金融(車融資)の利用者の中には、きっちりと返済できない人も少なくありません。

貸し倒れリスクを避けるために、車の査定金額は驚くほど安く設定されています。

業者にもよりますが、車の査定相場の半額以下の場合が多いようです。

査定額を低くした方が、業者は儲かるのです。

車金融(車融資)の金利

通常の場合、車金融(車融資)の金利は、18%前後で実行するところが多いです。

ホームページなどで金利を見ると、例えば、5.0%~18.0%というように表示されたりしています。

よく誤解されるのですが、5.0%で借りられるかもしれないと思っていたら大間違いです。

これは、プロミスやアコムなどの大手消費者金融でも同じです。

初めて利用する場合は、ほぼ例外なく上限の金利を取られます。

車金融(車融資)の手数料

車金融(車融資)を利用すると、金利以外に下記のような手数料を請求されます。

  • 印紙税
  • 保証料
  • 移転登録費用
  • OCR用紙代
  • 振込料

手数料として、最低でも50,000円くらいは請求されるのを覚悟しておきましょう。

業者によっては、他にも手数料を取られる場合があります。

査定額を低くする理由

車金融(車融資)を利用して、返済ができなくなる方も少なくありません。

そんなとき、車金融(車融資)業者は、車を引きあげて処分します。

オークションに出したり、買取業者に販売します。

中古車販売をしているところは、自分で一般顧客に販売する場合もあります。

車金融(車融資)は、金利で儲け、手数料で儲け、車の売買で儲けるのです。

車金融(車融資)でお金を貸すのは、車を仕入れる方法の一つです。

貸したお金が戻らなくても、十分元が取れる金額しか貸してくれません。

それゆえ、無審査でブラックの人でもお金が借れるのです。

車金融(車融資)を利用するリスクを、少しでも減らすためには、自分の車の査定相場を把握しておく必要があります。

ガリバーやカーセンサーなどの査定金額が、無料で分かる一括査定というサービスなどをうまく利用しましょう。

車金融(車融資)の査定額疾く比較すると、その違いが嫌というほどわかります。

⇒⇒ 一括無料査定

⇒⇒ 車金融より簡単にお金を借りる

出会い系サイト広告戦略