車金融(車融資)でお金を借りる

車金融(車融資)でお金を借りる

車金融(車融資)の融資限度額とは

車金融(車融資)の前に査定額をチェックしましょう。

▼愛車の査定額がズバリわかる▼
ズバット車買取比較

車金融(車融資)の種類

車金融(車融資)融資限度額は、当然のことながらあなたの自動車の査定相場以下になります。

では、仮にあなたの愛車の査定相場が、100万円だとすると100万円まで借りられるのでしょうか?

そんなはずはありません。

車金融(車融資)には、2つのタイプがあります。

  • 自動車に乗ったまま融資
  • 自動車を預けての融資

当然ながら、自動車に乗ったまま融資よりも、買い取り業者に車を預けた方が、融資の限度額は上がります。

融資条件も、自動車に乗ったまま融資は圧倒的に悪くなります。

その理由は、自動車に乗ったまま融資の仕組みが分かれば理解できます。

自動車に乗ったまま融資の融資限度額

自動車に乗ったまま融資は、自分の車に乗り続けながら、車金融(車融資)でお金を借りるものです。

自分の車に乗ったままという表現が、誤解を招きやすいので注意が必要です。

車金融(車融資)を利用すると、自動車に乗ったまま融資でも、自動車を預けての融資でも、自動車の名義は書き換えられます。

つまり、あなたの愛車は、車金融(車融資)業者の所有になるのです。

あなたは、これまで通り愛車に乗っているつもりでも、実際には車金融(車融資)所有の自動車を、借りて乗ることになります。

つまり、月々の自動車のレンタル料が発生するのです。

さらに、あなたが自動車に乗り続けるということは、車金融(車融資)業者からすると、事故のリスクがあります。

自動車保険の車両保険をしっかりかけ、事故落ち分も加味して、査定額を出さなければなりません。

当然、自動車を預けての車金融(車融資)よりも、借りられる金額は少なくなります。

そして、移転手数料などと称して、5万円~10万円程度の手数料を請求されます。

自動車を預けての車金融(車融資)の場合は、業者によっては、保管料などを請求される場合もあります。

通常、市場の査定相場が100万円であれば、自動車に乗ったままの車金融(車融資)で、最終借りられる金額は、30万円~40万円程度です。

自動車に乗ったままの車金融(車融資)の融資限度額は、相場の3割~4割程度だと言われています。

市場の査定相場の5割である50万円まで貸してくれる車金融(車融資)業者は、ほぼないと思われます。

先ほども言いましたが、自動車に乗ったままの車金融(車融資)は、毎月の借り入れの返済に加えて、車のレンタル料が加算されます。

自動車に乗ったまま融資の車金融(車融資)を利用した大多数の人は、月々の返済ができず、愛車を手放してしまうと言われています。

高額の手数料を支払い、月々の返済をして、挙句の果てに愛車まで持っていかれてしまう人が大多数なのです。

このように考えると、車金融(車融資)で、お金を借りるメリットは、さほどないかもしれません。

しかし、お金も必要で車の必要だから、自動車に乗ったままの車金融(車融資)で、お金を借りたいと言われるかもしれません。

その解決法を考えてみましょう。

車金融(車融資)の前にすべきこと

自動車に乗ったままの車金融(車融資)で、借りられる融資限度額は、査定相場の3割~4割程度と言いました。

査定相場が、100万円の車だとすると、車金融(車融資)で借りられるのは、30万円~40万円程度です。

40万円のお金を借りて、約8割の方が愛車を手放してしまうことになります。

ということは、100万円の車を40万円で売ったことと同じことになります。

いや、何か月か返済をすると、その分さらに安くで、愛車を売ったことになります。

その前に、PCやスマホから一括の無料査定を利用して、最も高いところで車を売れば、130万円くらいで売れるかもしれません。

それならば、愛車を手放して70万円現金を手にして、残りの60万円で車を購入することも可能です。

現金も手に入り、返済の必要もなく、車も購入できます。

一括無料査定を、車金融(車融資)の前にすべきだと思いませんか?

▼車金融の前に相場をチェック▼
ズバット車買取比較
出会い系サイト広告戦略